メニューを開く
TOP > 施工実績 > スタンダードコース > スバル インプレッサ(スタンダードコース)

施工実績

スバル インプレッサ(スタンダードコース)

2016/10/05

施工前の状態
  • img_0034
  • img_0035
  • img_0037

左リヤドアから左サイドシルガーニッシュにかけての損傷です。ドアは裏側の鈑金修理も必用です。スタンダードコースですので付属部品は全て外して作業していきます。

鈑金作業
  • img_0038
  • img_0041

鈑金作業をしていきます。スタッド溶接で引き出し鈑金を行います。

鈑金仕上げ用パテ付け
  • img_0051

充填力がある鈑金仕上げ用のパテを付けていきます。付ける前に脱脂を行います。

パテ研ぎ
  • img_0053
  • img_0054
  • img_0058

パテを研いでいきます。ひずみが無くなるまでパテ付け、研ぎを繰り返し、表面を平滑にしていきます。

サイドシルガーニッシュの修理
  • img_0056
  • img_0057

サイドシルガーニッシュの修理もしていきます。プラスチック用のパテを使用し同じく平滑に仕上げていきます。

プライマーサフェーサー塗布のマスキング
  • img_0060
  • img_0061
  • img_0059

プライマーサフェーサーを塗装する準備としてマスキングを行います。

プライマーサフェーサー塗装
  • img_0064
  • img_0063
  • img_0062

プライマーサフェーサー塗装に移ります。プライマーサフェーサーは微細な巣穴や傷を充填(シール性・防錆)し、上塗りとの密着を良くする役割があります。

プライマーサフェーサー研ぎ作業~足付け~調色作業
  • img_0066

プライマーサフェーサーの研ぎをしていきます。このときも、ひずみを取っていきます。その後、パネル全体を足付けしておきます。水切りが終われば調色作業を行います。

マスキング作業
  • img_0068
  • img_0070

塗装ミストが飛び散らないように、マスキング作業をしていきます。スタンダードコースですので、ドアハンドルなどの付属品は外してます。塗装後のハガレ等の不具合を防ぎます。

塗装作業
  • img_0072
  • img_0073

塗装を行います。まず最初にベースとなるグレーメタリックを塗装し、最終仕上げのクリヤーを塗装します。クリヤーは耐スリ傷性のクリヤーを使用します。通常の塗膜よりは固く、傷は付きにくくなっています。

磨き作業
  • img_0075
  • img_0076

塗装中に付着した微細なゴミ・ホコリを除去し磨いていきます。またツヤを出し美観を良くします。隣接パネルも磨きツヤを出すことにより、違和感を無くします。

完成
  • img_1128
  • img_1127

組み付け後、洗車をして完成です。

修理前と修理後を比較!
img_0034

before

img_1127

after

通常修理日数 約7日(要予約) 修理料金¥¥90,000(税別) カテゴリ: スタンダードコース

メニューを開く