メニューを開く
TOP > 施工実績 > エコノミーBコース > スズキ エヴリィ (エコノミーBコース)

施工実績

スズキ エヴリィ (エコノミーBコース)

2016/01/28

施工前の状態
  • 01_b
  • 02_b

スズキ エヴリィです。右後ろにかなりの損傷があります。写真では分かりにくいですが、右スライドドアにも大きな損傷があります。今回は安くてそれなりという、お客様のご要望でしたのでエコノミーBコースでの修理となります。

まずは鈑金作業!
  • 03_b
  • 04_b

鈑金をしていきます。写真ではあっという間ですが、かなりの時間を費やしました。リヤバンパーも過熱修正により変形を修理しました。

パテ付け~研磨作業
  • 05_b
  • 06_b

脱脂後、パテを付けます。乾燥したら研摩していきます。最初は充填力の高い鈑金パテを付けます。

パテ研磨
  • 08_b
  • 09_b
  • 07_b

パテ研ぎは、長年の経験と、優れた感覚を必要とします。パテ粉が飛んで結構汚れますし、手間がかかる作業なので、職人の中にはパテ研ぎが好きな人も入れば、嫌いな人もいます。私は好きですが・・・

プラサフ塗布
  • 10_b
  • 12_b
  • 11_b

脱脂後、プラサフを塗布します。優れた充填性を持ったプラサフはパテで埋まりきれなかった細かい巣穴を埋めてくれます。また、上塗り塗料との密着を良くしてくれます。重要な行程ですね。

プラサフ研磨
  • 13_b
  • 14_b
  • 15_b

水研ぎでプラサフを研いでいきます。このときに、研ぎ残しがあれば仕上がりに影響されます。平滑にキレイに研いでおきます。終われば完璧に水切りをしておきます。

マスキング
  • 17_b
  • 18_b

マスキングをしていきます。塗装時にミストが車内や他のパネルに飛ばないようにするための、これまた重要な作業です。

塗装作業
  • 19_b
  • 20_b
  • 16_b

塗装作業になります。今回は、それなり仕上げBコースなので、バックドアは半分しか塗りません。ここではボカシ技術が重要となります。

磨き作業~完成
  • 21_b
  • 22_b
  • 23_b

磨き作業に移ります。ボカシ部の磨きは丁寧にしないと、補修跡がボカシギワとなって、出てしまいます。今回は淡色ですが、黒のような濃色車は、大きいパネルの補修は、まずオススメしません。、 すき間に入り込んだコンパウンドを掃除し、キレイに洗車したら完成です。

修理前と修理後を比較!
01_b

before

23_b

after

通常修理日数 7日(要予約) 修理料金¥78,000 カテゴリ: エコノミーBコース

メニューを開く