メニューを開く
TOP > 施工実績 > エコノミーBコース > スズキ ワゴンR (エコノミーBコース)

施工実績

スズキ ワゴンR (エコノミーBコース)

2016/01/29

施工前の状態
  • 03_b
  • 04_b

スズキ  ワゴンRです。この位の損傷になれば、もはや交換をオススメします が、お客様のご要望が、安くてそれなりでいいという事でしたので、鈑金での 修理になりました。

修正作業
  • 09_b
  • 10_b
  • 11_b

鈑金をしていきます。裏から叩きだせるように内張りを外し、荒出しをしま す。 続いてラインを出していきます。この時、テールランプを仮付けします。 すき間とラインを合わせるためです。バックドアも同じようにテールランプと 合わせます。 ちなみにテールランプは中古パーツを使用しました。 けっこう時間かかりました・・・。

パテ付け
  • 05_b

脱脂後、パテを付けます。クォーターパネルが一面パテになりそうです。 。

パテ研ぎ
  • 06_b
  • 07_b

パテを研いでいきます。やはり重要なのは、テールランプとのすき間でしょうか。 難しいところです。今回はパテ面積が広いので、スアナなどに注意しなければなりません。

プラサフ塗装
  • 01_b
  • 08_b

マスキングができれば、プラサフを塗布していきます。苦労しましたが、 ラインとすき間はなんとか出たようですね。

プラサフ研磨~マスキング
  • 12_b

プラサフを研いだら、マスキングをしていきます。

塗装作業
  • 13_b

塗装作業になります。塗色はメタリックです。塗りムラに注意します。 何回塗ってもクリヤー(仕上げ塗り)を塗るときは気持ちいいです。 なんせツヤツヤになっていくんですから。あれ?私だけでしょうか(笑)

磨き~完成
  • 15_b
  • 14_b

磨き作業に移ります。まず、塗装時に付着したゴミ、ホコリを取っていきます。 通常、耐水ペーパーで水研ぎします。そのあとポリッシャーにコンパウンドをつけて磨いていきます。丁寧にしないとあとから不具合が出てきますので、 念入りにしていきます。メタリックは比較的磨きやすいです。 そのあとキレイに洗車して納車です。 もちろん、お客様にはめちゃめちゃ喜んでいただきました。有り難うございます。

修理前と修理後を比較!
02_b

before

16_b

after

通常修理日数 7日(要予約) 修理料金¥85,000 カテゴリ: エコノミーBコース

メニューを開く