メニューを開く
TOP > 施工実績 > エコノミーBコース > 三菱ekワゴン (エコノミーBコース)

施工実績

三菱ekワゴン (エコノミーBコース)

2016/01/27

施工前の状態
  • 001
  • 002
  • 003

三菱ekワゴンです。右下側面をかなり損傷しています。

まずは鈑金作業!
  • 004
  • 005
  • 006

まずは鈑金作業です。ドアの下部やサイドシルパネルは閉断面構造になっているので溶接による引き出し鈑金を行います。ライン部の引き出しから始まり、徐々に細かく鈑金していきます。

脱脂してパテ付け
  • 007

脱脂してパテ付けを行います。パテは深い傷、ヘコミなどを修正して平らにする役割をします。 パテには様々な種類がありますがここでは充填効果が高い鈑金パテを使用します。

パテ研磨
  • 008

硬化したパテを機具類などを使い研磨していきます。パネルの形状やプレスラインに合わせて研磨していくので熟練の技術が必要とされます。 ここでは研磨製が良いポリエステルパテを使用します。

マスキング
  • 009
  • 010

研磨が仕上がりました。脱脂し、マスキングしてプラサフ(下塗り塗料)を塗装します。

プラサフ塗装
  • 011

プラサフ塗装を行いました。 プラサフとはプライマーサーフェーサーの略でプライマーの防錆力、付着性とサーフェーサーの持つ優れた充填の両方を兼ね備えたもので最近の下塗り塗料の主流になっています。塗装後は赤外線ヒーターで強制乾燥させます。

プラサフ研磨
  • 012

プラサフを水研ぎします。 この時にパテ研磨時に取れなかった細かいヒズミを抜いていきます。 また、パネル全体を塗装するので隅々まで均一に足付けしておきます。 終わったらエアブローで水切りをします。

マスキング
  • 013

マスキングにうつります。 マスキングとは、塗装の際に塗装する部分以外の場所に塗料が飛散して汚れるのを防ぐためにカバーしておく事をいいます。

塗装完了!
  • 014

塗装が仕上がりました。塗装はブース内で行う事でゴミ・ホコリが極力付着しない状態で塗装することができます。 塗装後は、赤外線ヒーターで強制乾燥します。 自然乾燥だと表面しか乾燥せず。中の溶剤は残ったままになり後々不具合の原因になるからです。

乾燥終了!
  • 015

乾燥が終了しました。 通常この状態で1日置きます。

磨き作業
  • 016

次に磨き作業にうつります。 塗装時に付着した小さなゴミ・ホコリを取り除き、磨いていきます。この時、塗膜の肌も均一に調整していきます。

完成!
  • 017
  • 018

取外し部品を取り付けて、水洗い洗車をして完成です。

修理前と修理後を比較!
019

before

020

after

通常修理日数 7日(要予約) 修理料金¥70,000 カテゴリ: エコノミーBコース

メニューを開く